節分を飾りつけで盛り上げよう!

    TOP > 節分について > 節分の装飾には大豆や一升マスに鬼のお面などもよい演出に

    節分の装飾には大豆や一升マスに鬼のお面などもよい演出に

     2月に入ってすぐにやってくる節分前には、スーパーやデパートの食品売り場でも、節分に向けての装飾が施されます。
     お正月が終わって一息ついたと思ったら、すぐに2月のイベントの用意を始めるのがお店であり、2月にあるのは節分とバレンタインが、その月のビッグイベントです。
     どちらかというと日本では伝統ある節分よりも、女子パワーがさく裂をするバレンタインに力が入りやすいですが、節分の行事も忘れてはいません。
     バレンタインのチョコレート売り場も華やかですが、その前にやってくるのが節分であり、節分の豆売り場では、ダイズに一升マスや鬼のお面などの装飾で、消費者の関心をひいています。
     甘いチョコレートもこの時期には必要ですが、やはり日本人には昔からの伝統行事である、節分のイベントも大切です。
     

     節分といえばお店の装飾にしても、鬼のデザインや大豆などが描かれているので、節分には入り豆の印象が強いです。
     豆まきをするのが日本の節分の風習ですから間違いではないですが、節分に食べるのは炒り大豆だけではありません。
     菓子売り場では入り豆のお菓子が売られていますが、節分の時期にはお寿司売り場もより活気を増す時期です。
     昔から節分には恵方巻を食べる習慣があるのは、完済だけと追うのは昔の話であり、今は関東も完済も関係なく恵方巻は知られています。
     恵方巻の存在をあまり知らなかった関東の人間には、恵方巻はいささか衝撃的ですが、現代は多くの人がすっかり恵方巻の虜です。
     太巻きを包丁で切ることなく、1本をそのまま黙って食べるというユニークな食べ方ですが、お寿司自体は日本人が大好きな食べ物ですから、全国的に受け入れられています。
     

     まだまだ寒さが厳しい2月ですが、暦の上では立春を迎える節分に向けて、お店でもふさわしい装飾をして、顧客たちの購買意欲を煽る作戦です。
     スーパーなどでは入り豆を購入する人も多くなる時期ですが、食事の献立にも節分メニューを入れることができます。
     節分に食べる食材の一つはイワシであり、栄養効果や厄除けに害虫駆除など、さまざまな由来があるのもイワシを節分に食べる習慣です。
     鬼という邪気が受け入れられないのが、イワシの独特の香りであり、イワシのおかげで鬼を追い払うとされています。
     イワシは節分に食べるだけではなく、塩焼きにしたイワシをヒイラギの枝に刺して、拙文の日には柊鰯に飾るのも、日本で昔からある風習です。
     イワシを塩崎にすることで、余計に煙が立ちやすくなるので、米を食べてしまう虫を、その煙が追い払ってくれます。
     

    PAGE TOP